訪問マッサージとは

 
 『身体やしびれや麻痺・関節拘縮などの症状があり、自力で歩行通院が困難な方や在宅で療養されている方が対象となり、施術するのは、あん摩マッサージ指圧師という国家資格者で、医療リハビリマッサージとも呼ばれます。
 運動法を用いたマッサージで筋力の維持と強化、関節拘縮の進行予防と改善、しびれた筋肉の現状維持、むくみや血行不良の改善など介護予防の効果も期待でき、医療保険の負担割合で受けることができます。病院等のリハビリを必要とする患者様が入院後数年で対応ができなくなる中、在宅マッサージは自宅でのリハビリメニューを含めた治療が行え、慢性期患者様の身体のケアに特化してできるのが、訪問医療リハビリマッサージとも呼ばれる所以です。


 

国家資格者 あん摩マッサージ指圧師とは??

 
東洋医学と西洋医学の医学的根拠に基づき、多方面からアプローチできる治療に健康保険(医療保険)を使った『治療』の専門家です。個々にあった治療を施したところへ機能訓練を行っていくため、維持期のケアに有効といわれており、訪問マッサージができるのは、あん摩マッサージ指圧師だけです。

 

あん摩マッサージ指圧とは??

 あん摩・マッサージ・指圧とは、身体に対して手や指等で、機械的刺激(押す・もむ・さする・たたくなど)を与え、それによる生体反応からの治療効果を期待し、健康を増進させる手技療法です。

【あん摩】

 あん摩は古代中国で誕生し、日本に伝わったもので、おさえてなでることを意味し、東洋医学の考えに基づき、体の中心から足先へ向かって体から悪いものを出すいわば解毒のような効果があり、気血を巡らせることを目的とした手技です。

【マッサージ】

 あん摩に対してマッサージはヨーロッパで発祥し、明治時代に日本へ伝わりました。オイルやパウダーを用いたりして、手足から体の中心に向かって皮膚に直接刺激し、主に血液やリンパ液の流れをよくすることを目的としています。

 

【指圧】

 日本で明治時代末から大正時代にかけてできた方法です。人間には365のツボがあると言われており、指や手のひら等を用い、体表の一定部位を押し、体の変調を矯正し、健康増進を図ったり、特定の疾病治療に役立ちます。 

 

全国の「あいのて」があるサービス提供可能エリア

北海道エリア:札幌・苫小牧・北斗・函館
東北エリア :青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島
甲信越エリア:新潟・長野
関東エリア :東京・千葉・埼玉・神奈川
東海エリア :静岡・愛知
関西エリア :大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山
四国エリア :愛媛・香川
中国エリア :広島・岡山
九州エリア :福岡
沖縄エリア :沖縄
 
※治療院所在地によって、一部サービスを提供できないエリアもございますので、まずはお問合せください。
お問合せはこちら